FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第72号「元号をやめて西暦にしませんか」

昔あったづもな通72号
小澤俊夫

元号をやめて西暦にしませんか
 天皇が退位されることになり、新しい元号が話題になっているが、ぼくはこの際、元号はやめて、西暦に切り替えたほうがいいと思う。元号で時代を考えるために、われわれの時代感覚は短い時間に限定されてしまっていると思うからである。
 例えば、日清戦争は明治27・28年だった。今から何年前ですか、と言われて、すぐに答えられる日本人はほとんどいないだろう。西暦ならば、2018年から1894年を引き算すれば、124年前とすぐわかる。このことは単純なことのようだが、実はわれわれ日本人の時代感覚に大きな影響を与えていると思うのである。
 われわれは、室町時代とか明治時代、大正時代などというが、そのとき、現在との時間的距離は意識しないで、室町時代という時間的かたまりを意識しているに過ぎない。満州事変以来の時代に起きた出来事も、現在につながる出来事としてよりも、昭和時代という時間のかたまりのなかの出来事としてしか把握しない。その表れのひとつが韓国の従軍慰安婦問題ではないかと思う。日本人にとっては、あれはもう昭和時代という過去の一時期の出来事に過ぎないのである。韓国の人にとってはとてもそんなものではないのに。
 われわれはその意味で、時間的近視眼なのである。遠くは見えない。
 この近視眼は、時間だけでなく、空間についても効いているようである。第二次大戦末期にインパール作戦という大作戦の失敗があった。3万人の兵士が餓死、病死して敗退したということである。ビルマを横断して北上する約470キロ行軍の大作戦だったのだが、参謀本部は、山脈あり、大河ありのこの行軍が実際にどれほどの困難を伴うものか、イメージできなかったのだと思う。武器弾薬と食料を運ぶのに、牛や馬の背に乗せたというのだ。これなどは、農村での仕事の発想の応用ではないか。近視眼そのものである。敵の襲撃を受けると、牛や馬は四方八方へ逃げてしまい、日本軍は武器弾薬と食料を一気に失ってしまったこともあるという。
 この時間的、空間的近視眼を拭い去るために第一にするべきことは、元号をやめて西暦にすることである。時間を長いスパンで見ることが基本である。
 しかし、西暦はキリスト教の暦年だから日本には向かないという考えもあるだろう。だが、共産国である中国でさえ、年号を廃止して西暦にした。ロシアも共産国時代から西暦である。 
 そもそも元号とは、古代中国の前漢時代に、武帝という専制君主が作ったものということである。紀元前二世紀の話である。それを、二十一世紀の日本が、唯一の国として後生大事に守っているということ自体、驚きではないか。
 マスメディアは、そんなことは取り上げず、「元号にはMTSHは使わないほうがいい」などということで盛り上がっている。情けない話である。(2018.2.9)
スポンサーサイト

第71号「戦争中の庶民のしたたかな姿」

昔あったづもな通信71号

戦争中の庶民のしたたかな姿
 安倍首相による締め付けがきつくなりつつある。だが、われわれ庶民はそう簡単に負けはしない。あの過酷な戦争中にも、したたかなおじさんやおばさんがいたのだ。そのリアルな姿の一端を、昔ばなし大学の仲間の口からお伝えする。小澤俊夫(2017.12.12)


聞き書き 親たちの戦争
伊藤康子(京都昔ばなし大学再話研究会)
—父の場合  戦争が嫌で逃げまわっていた    
わたしが思春期に入った頃だろうか。休日ののんびりした昼下がり、他の家族が出かけて、父とわたしがふたりきりでいるとき、父が「わしは、徴兵が嫌で逃げまわっていたが、終戦の年の5月に、とうとう上海で徴兵された。そして終戦まで、上官の馬を引っ張っとった」と話してくれた。
 それまで、父が戦争の話をすることはなかったので、そのときは正直驚いた。それとともに「わたしの父は人を殺していなかったのだ」と、心底ほっとしたのを覚えている。
 そののち、その話を自分の中で反芻しながら、当時の父の気持ちが分かってくるように思えた。
 戦争当時の日本では、徴兵を避けて逃げまわるような男は「腰抜け」「非国民」と周りの人から非難されるような存在だったのではないか。父は確かに臆病者だったのかもしれない。父は「徴兵は嫌だ」と大声で叫ぶことはしなかった。しかし、周りの目よりも自分の思いを大切にしたから、逃げたのではないか。戦いがこわかったのか。人を殺すのが嫌だったのか。それ以上の父の気持ちは、分からない(そこまでは、私も聞くことはしなかった)。
 しかし、父は逃げた。戦時中の大勢に背を向け、周りの目よりも自分の思いを大切にし、父は逃げ出した。それは誹られる行為だったはずだとわかっていたはずだ。父の行為は堂々とした意見ではなかった。大声で持論を述べたのではなかった。しかし、弱者として、ちゃんと自分の思いを通したのだ。
 保守的でプライドの高い父が、わたしに「徴兵から逃げた」ことを話してくれたのは、そのことを恥ずかしいことと思っていないから話してくれたのだ。自分の正しい選択だと思ったから話してくれたのだと思う。そう思う。

—義母の場合  赤ん坊は泣くもんじゃ!     
 一方、義母は巴(ともえ)という名が表すとおり、きっぱりした性格だった。あるとき、空襲警報が発令され、義母はまだ赤ん坊の娘を背負って、近所の人たちと川の土手の防空壕に逃げ込んだ。息を潜めてじっとしていると、背中の赤ん坊がぎゃあぎゃあ泣き出した。そのとき、一緒に逃げ込んだ兵士(近所の人?)が「だまらせろ!」と威嚇した。それに対し、母は言い返したのだ。「赤ん坊は泣くもんじゃ!」相手がどういう反応をしたのかは聞いていない。
 アメリカの戦闘機がゴーゴーと飛ぶ中で、赤ん坊の泣き声が敵兵に聞こえるとも思えない。しかし、日本の多くの防空壕の中の同じような場面で、たくさんの母親が辛い悲しい思いをした。兵士にたとえ「それなら防空壕から出ろ」といわれても、義母はきっと赤ん坊を守るために抵抗したと思う。堂々と臆することなく、防空壕から出なかったと思う。義母は、周りに屈することなく自分の正しいと思う意見を通したのだ。

わたしの父と義母は、他と異なることをおそれなかった。自分の思いを通した。自分を守り、子を守った。自分が正しいと思う選択をし、異を唱えた。父は行動で、義母は叫ぶことにより...。
 最近、自分の本心を言いにくい雰囲気、周りと違う意見を言うことを恐れる風潮の世の中になっている。「空気を読む」という言葉が横行し、周りに合わせることが良しとされている。そのうえ、相互に監視させるような法律ができ、更に自分の意見を言えないような雰囲気になっている。まさに戦争中に似た空気が流れているように思う。周りの目・評価・常識を常に気にして、自分の思いを述べにくい、遂げにくい環境になっている。
 世論が統制されていた戦争中でも、正しい選択を行った普通の人たちもいた。父と義母の場合は、そういう場合のひとつではないか、と思う。
 だがさらに考えると、自分の意見を勇気を持って言うことは確かに非常に大事なことだが、もっと大事なのは、この日本の社会が、勇気を出さなくとも自分の思いや意見を自由言えるような社会であることではないだろうか。最近の安保法制からテロ防止を名目にした共謀罪まで、戦争中と似た言論統制がわかりにくい形で行われようとしている。人々に罠を仕掛けるような法律が次々に成立させられていると言えないだろうか。
 誰かがしてくれるというのではない。わたしなんて、何もできないということはない。
小さな行為の一歩から。自分の意見を大きな声で言うことがためらわれても、選挙という場で、自分の意見を言うことができる。
 それに加えて、何が正しい選択か見極める教育も大事だ。「これが正しい!正義だ!」と断じる人に、周りの人と一緒についていくことは楽だし、簡単だ。しかしその前に立ち止まり、自分の頭で考えるような教育が必要だと思う。
自分の思いや、正しいと思うことを、周りの空気に飲まれることなく表現することができること。そうすることが当たり前のようにできる世界を造ることが、今の私たちにとって大切なのではないだろうか。父や義母の取った行動や言葉が、特別なものでなくなるように...。

第70号 とんでもない選挙結果だった

昔あったづもな通信 第70号
小澤俊夫

とんでもない選挙結果だった
 だが、いろいろな意味で、これが現在の日本の正確な状況なのだ。
森友・加計問題であれだけ疑問が出ていたのに、当事者である安倍首相を勝たせた。北朝鮮の脅威をまくし立てて恐怖心をあおる戦略にまんまと引っかかって、「日本を守る」などという嘘の宣伝にまんまと乗ってしまった。消費税を上げて、教育の無償化をするという、見え見えの飴にみんな飛びついてしまった。消費税を上げなくたって、大企業と富裕層への課税で教育の無償化はできるのに。
こんな簡単なだましに簡単にひっかけられる国民なのだということが、はっきりわかった。そういう国で、これから、言論の自由と平和憲法を守っていくにはどうしたらいいのか。
 日本会議に連なる極右の政治家、神社、お寺、職業団体は、庶民の生活の隅々に浸透している。今回の選挙でも、お祭りで神社に行ったら、神主さんが自民党支持を訴える挨拶をしたという体験談を聞いた。そういうレベルの政治運動に対して、われわれはどう戦っていくべきなのか。
 マスコミの態度も怪しかった。マスコミの力不足が一番露呈したのが、北朝鮮の脅威に対する態度だったと思う。安倍首相が「日本を守る」と叫んでいるのは、明らかに現在の北朝鮮のミサイル発射に対する日本人の不安感をあおるものだった。そしてそれは明らかに成功した。
Jアラームが発令され、子どもたちが防空頭巾をかぶって机の下に潜り込む姿が繰り返しテレビで流された。ぼくは、戦争中、「B29爆撃機に竹槍でたち迎え」と真面目くさって命令した軍人たちと同じ滑稽さを感じたのだが、こんな光景を初めてみた現在の多くの日本国民は、恐怖心を十分植え付けられただろう。そこへ、安倍首相が「日本を守る」と叫んだのだから、効果抜群だった。
北朝鮮のミサイル発射については、マスコミは事の本質を冷静に解説すべきだったのではないか。つまり、アメリカは、自分は核兵器を持ちながら、北朝鮮には持つことを許さないのである。北朝鮮は、イラクやリビヤがアメリカによってつぶされたのは、核兵器を持っていなかったからだと確信している。だから、核兵器を持っていればアメリカは攻めてこないだろうと考えている。つまり核の均衡状態があれば、アメリカにつぶされることはない、と信じているのだ。これは金労働党委員長の発言でよくわかる
しかも、核兵器は、超大国だけでなくインド、パキスタンなども持っているのである。北朝鮮もその核保有国に仲間入りをしたいのだ。それならば、北朝鮮にも核兵器の保有を認めて、世界の核保有国仲間に入れて、平和的関係国にして、核兵器を絶対に使わせない関係を築いくのが、外交というものではないのか。
そういう外交の可能性があるのに、安倍首相は全く言わないし、日本のマスコミもそれにほとんど触れない。韓国は、万が一北朝鮮が恐怖に駆られて核攻撃をし、戦争が始まったら、国が破滅することを知っているから、今でも外交交渉の必要性を唱えている。国民の間にも、トランプ訪問を拒否する強いデモンストレーションが起きた。
安倍首相の率いる日本政府は、アメリカに忠実であることばかり考えていて、アメリカの言うとおりにしていれば、「日本を守れる」と信じ込んでいる。だが、万が一、北朝鮮が追いつめられてミサイルを発射する場合には、アメリカ軍の基地がある沖縄がまず狙われることは確実である。本土にある基地も当然狙われる。それは普通の爆弾ではない。被害は広島、長崎と同じようになるのである。この危険が差し迫っているのに、アメリカの尻馬に乗って「北朝鮮への締め付けを強めよう」などと言う安倍首相とその政府にあきれる。それを強くいさめない日本のマスコミにも強い不信感を持つ。
その根底に、ぼくはふたつのことを感じ取っている。ふたつとも、残念ながら日本国民の心情の底の方に流れている弱点なのである。
ひとつは、朝鮮人に対する侮蔑の感情。日本は長いこと朝鮮を属国にしてきた。そこには強い侮蔑の感情が働いてきた。敗戦後はその感情は捨てたはずだが、北朝鮮に対してはまだ残っているように思う。韓国に対しては自由国家ということで連帯感が生まれているが、それでもあの「従軍慰安婦」に関しては認めようとしない。いわんや、北朝鮮に対しては、共産主義国家ということと重なって嫌悪感が先行してしまう。その嫌悪感を根底としてミサイル問題を考えるから、政治情勢の正確な判断ができなくなっているのだと思う。マスコミを含めて。 
もうひとつは、日中戦争から太平洋戦争を通じてずっとあった「長期的な、戦略的考察の欠如」である。日中戦争、太平洋戦争を通してロングスパンで考えてみると、日本政府と大本営は当時の日本の実力として絶対に不可能なことをしてきたことがわかる。昭和十二年(一九三七年)北京郊外の盧溝橋ではじめた日中戦争を、あの広大な中国本土全体に拡大してしまった。奥地の大都市、重慶まで爆撃した。日本の軍隊の規模から考えて到底カバーしきれない広大な土地を支配しようとした。あの広い中国で、中国軍を制圧し、中国政府を負かすことなど、普通に考えても不可能なことである。それを四年間も継続して国力を消耗した挙句、昭和十六年(一九四一年)アメリカを相手に真珠湾攻撃を仕掛けたのである。マレーシア半島とかフランス領インドシナ(現在のベトナムなど)を制圧することはできた。だが、その後、フィリッピン、インドネシアと戦線を広めるにしたがって武器弾薬の補給がうまくいかなくなった。制海権、制空権を連合国側に握られるようになり、本国からの軍隊の輸送も潜水艦に攻撃されて、無数の兵士が、戦地に着く前に海の藻屑と消えた。ガダルカナル島での日本軍の全滅は、当然の帰結だったのだ。だが大本営はそれを「戦略的方向転換」と言った。
先年、天皇陛下御夫婦が慰霊に行かれたリシュリュウ島は、日本から約三千キロも離れた島である。資源の乏しい日本が、三千キロも離れたいくつもの島に、制海権、制空権を敵に握られた状態で、多数の兵隊を送り、十分な補給ができるとは、誰も考えないのではないか。だが、大本営はそれを実行したのである。そこには、国家として不可欠な「長期的な、戦略的考察」が全くなかった。
ビルマ戦線についても同じだった。連合国から重慶への援助ルートを切断するという目的で、ビルマの北西部の都市、インパール攻略を計画し、実行した。数千キロの山岳地帯を進撃した。食料にするための豚や牛の背中に武器と弾薬を積んでいったという。ところが空襲にあうと、豚や牛は逃走し、食料と武器弾薬をいっぺんに失ったこともあるという。インパール攻撃どころか、日本の兵隊は、約三万人が餓死あるいは病死したという。(インパール作戦の悲惨な事実については、珍しくNHKがスペシャルで放映したことがある。)
ここでも長期的な、戦略的考察がないのである。当時のトップクラスの参謀たちが合議したはずなのに。
この大きな、基本的な弱点が今でもあちこちに顔を出す。北朝鮮の核兵器獲得の衝動の根源を見ようとしない。アメリカが核兵器を独占しようとしている悪辣な計画を見破ろうとしない。それどころか、いまだにアメリカにくっついていれば安全だと信じ込んでいる。それが、現在の安倍首相のトランプ大統領に対する振る舞いにはっきり表れている。あの媚びた振る舞いが、外国のメディアでは皮肉っぽく扱われているのに。
こんな安倍首相をいつまでも政権の座においてはいけない。次の選挙に向けて、われわれ国民は何をするべきなのか、急ぎ考えなくてはならない。(2017.11.11)

第69号「安倍首相を退陣に追い込もう、日本の未来のために」

昔あったづもな通信第69号
小澤俊夫
安倍首相を退陣に追い込もう、日本の未来のために
 森友疑惑、加計疑惑の審議では、関係者に「記憶にございません」と答弁させた安倍首相一派。国民のほとんどが「裏があったに違いない」と思っているのに、これで隠しおおせたと思っている安倍首相一派。「国民に納得いくように丁寧に説明していく」と総理大臣としていいながら、何も説明しないで、野党の準備ができていないうちと、突然議会を解散させた安倍首相。Jアラートを発令して、国民に北朝鮮への恐怖心をあおっておきながら、平気で総選挙という政治的空白を作る安倍首相一派。
 そして、従来の憲法解釈を一内閣で簡単に変更して海外派兵を可能にした安保法、国民を監視のもとに置く共謀罪法、そして平和憲法の改悪計画。
 こういう安倍首相とその一派が日本の政治を勝手に動かしていることこそが、「国難」である。
 この選挙では、自民・公明に過半数をとらせてはいけない。「ではどの党に入れるの?」と悩んでいる人がいるかもしれない。だが、答えははっきりしている。「立憲民主党と社民党と共産党の統一候補に投票すること」である。民進党から、憲法改悪、原発容認の連中は希望の党へ逃げていった。これですっきりした。今まで民進党が曖昧だったのは、前原代表のように「本音は自民党好き」の連中がいたからだったのだ。
 小池都知事は自民党にいたのに、舛添都知事のスキャンダルの隙にうまく立ち回って都知事になった。そして築地市場の豊洲への移転問題で世間の注目を集めた。だが国レベルの政治が動き始めると、移転問題は放ったらかしにして、新党を作ってみせた。しかし、都知事だから党首になって首相の座を狙うことはできないことに気付いた。それで希望の党は、なんと、首相候補なしで総選挙に臨んでいるのである。世界中の政党の歴史の中で、前代未聞だろう。
 しかも、小池知事の政治姿勢は、安倍政治にピリオドを打つと言いながら、憲法改正必要論であり、原発容認論なのである。これはまさに、安倍首相一派の補完勢力に他ならない。選挙後にはそのことがはっきりするだろう。
 立憲民主、社民、共産は党本部レベルでも、各選挙区レベルでも、統一候補擁立が進んでいる。われわれも、統一候補の当選にむけてみんなで力を尽くそう。選挙というものは、各選挙区でどう動くかが大事なので、みんなで、自分の選挙区でできるだけのことをしよう。
 この三党の誰かが通ったら、拍手し、声をかけて励まそう。知人と、この三党の候補者のことを話そう。もちろん、チラシ配りとか、ポスター張りとかも可能なら手伝おう。
 だが、共産党に対してはアレルギーを持っている人が多いと思う。ソ連や東ドイツの共産政権の悪辣な専制政治を聞き知っているからである。だが、働く庶民の生活を守り、基本的な生きる権利を守ろうという社会主義本来の思想は、人類が本来目指すべき思想である。現在の日本の共産党は、かつての非人道的な共産主義政権を目指してはいない。それは完全に否定されている。現在の日本の共産党は、共産主義本来の思想によって立つ政党である。
 現在の日本で共産主義革命が起きることは考えられない。そのことは、日本共産党が反安倍政権の戦いをする社民党、立憲民主党と政策協議をして、選挙区ごとに統一候補を立てていることを見ればわかる。われわれ選挙する側は、打倒安倍政権を実現するために、立憲民主、社民、共産の三党統一候補に投票しようではないか。
 この選挙が、日本の近い未来の姿を決めるだろう。つまり今の子どもたちが生きる日本の姿を。「昔は平和憲法なんてものがあったんだってね」。「その頃は言論の自由があったんだってね」。「言論の自由ってなに?」子どもたちがそんな話をしなければならない日本にしてはいけない。
 現在の平和憲法を失ったら、日本という国は二度と再び平和憲法をもつことは不可能である。何故なら、今の平和憲法は、約三百万人の日本人が殺され、約三千万人のアジア人が殺されてやっとできた憲法なのである。今後、そのような大戦争を日本は経験するだろうか。おそらくしないだろう。もし戦争を経験するとしたら、ほとんど全滅して、憲法さえ作れなくなるだろう。
 日本は今、重大な岐路に立っている。われわれの一票が日本を決めることになる。みんなで力を尽くそう。(2017.10.13)

第68号「政局は揺れても、護憲の候補者・政党を守ろう」

昔あったづもな通信第68号 
小澤俊夫
政局は揺れても、護憲の候補者・政党を守ろう
 小池知事は打倒安倍政権かと見せて、実は自分たちが有力な補完勢力になりたいだけだったことがばれてしまった。哀れなのは民進党。前原を代表にしてしまったから、前原に党を消滅させる道を拓いてしまった。
 だが、民進党の枝野、辻元、阿部知子らは護憲を掲げ、戦争国家を否定する新党「立憲民主党」の立ち上げを表明した。社民党、共産党と手を組むことになるだろう。
世の風当たりは強いだろうが、ぜひ頑張ってもらいたいと思っている。みんなで、それぞれの選挙区で、この人たちを支持しよう。
 日本という国全体が、ずしりと右へ移動した。こういう事態だからこそ、戦争諸法反対、護憲の声がますます大事になった。
 選挙が差し迫ってきた。周りの人たちにも呼び掛けて、枝野たちの立憲民主党、社民党、共産党の候補者を支持しよう。共産党という名前を嫌う人がいるが、いまや共産革命なんてありえないこと。心配することはない。それよりも、安倍首相一派を追いだすことが一番大事なこと。
 この選挙がこれからの日本に大きく影響する。ほんとうに危険なことになってきた。みんなで頑張ろう。(2017.10.3)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。