スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12号 本多立太郎という名前を知っていますか。

昔あったづもな 第12号
小澤俊夫

本多立太郎という名前を知っていますか。          本多さんは四年前に九十六歳で亡くなられた元日本兵です。戦争中、二回も兵隊に召集され、敗戦後はシベリアに抑留されて、奇跡的に生還しました。それからは、戦争中の兵士としての体験を赤裸々に語る「戦争出前噺」を日本全国で、そして中国でも語り続けました。日本兵が中国で犯した人道上の犯罪を正直に語り、聞く人に衝撃を与え続けたのでした。
 本多さんは『トンダ・モンタ国連へ行く』などの著作もあり、毎日放送制作のラジオドキュメンタリー「おれは闘う老人となるー93歳元兵士の証言」は二つの賞を受賞しましたが、実に根気よくいろいろな新聞・雑誌などに投書をしてこられました。読者の投書欄でこの名前を見たことがある人は多いでしょう。
 この度、その投書を集大成した本が出版されたので、皆さんにおすすめします。ここでは戦地のことは語っていませんが、彼の誠実な生き方と現代日本への鋭い考察は、我々の先輩の証言として貴重な贈り物だと思うのです。
 冒頭に67歳の時に毎日新聞に投書した文章が載っています。ぼくは、二十歳年上のこの老人にとても共感します。
「おれは闘う老人となる。
 おれは老人(ルビでじじい)。やがて、もっと老人になる。ただ、人のよいだけの老人にはなりたくない。だれからも好かれ、いつもニコニコと、限りなく優しいだけの、そんな老人にはなりたくない。
 いざというとき、また、軍人が国を支配し、軍人に便乗する政治家どもが国を支配し、孫が兵隊にとられるとき、おれはひょう変して、強い老人となる。闘う老人となる。
 戦車の前に立ちふさがり寝転がり、キャタピラの下にもぐりこむ。不敵な老人となる。
 『おれは老人。やがて、もっと老人になる。でもーー』」

ご注文の方法は 以下の通りです
『本多立太郎 投書集 1976-2010』  本多立太郎投書集を編む会発行 2014年2月27日
お問い合わせ:e-mail: toushoamukai@yahoo.co.jp
ご注文方法
ご住所、お名前、ご連絡先を明記のうえ、下記へお申込みください。ご入金を確認次第、本書をお送りいたします。
定価 1300円(税込)送料は別途一冊164円です。
複数冊ご希望の場合は事前に上記までご確認ください。
郵便振替口座  00950-0-202838 永野眞理子
                               (2014.4.12)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。