第27号 自民党公明党に圧勝させてはならない

昔あったづもな通信 第27号
小澤俊夫

自民党公明党に圧勝させてはならない

多くのマスコミは明日の選挙で自民党公明党の圧勝が予想されると報じている。だがもし本当にそれを許すようだったら、それは国民自身の責任が問われることになる。ヒトラー政権も選挙で勝って出てきたことを思い出さなければならない。あの時、民主主義が全体主義を合法的に作り出すことが、現実に起きたのである。ぼくらの国は約70年間、平和憲法のもとで、まがりなりにも民主主義を標榜する社会で暮らしてきたので、そのことを忘れているのではないか。明日の総選挙を、ぼくらの国を全体主義の、専制国家に切り替える選挙にしてはならない。そんなことをしたら、子どもや孫、そして子孫を永遠に苦しめることになるのだから。(2014.12. 13)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR